キャンピングカーのカスタマイズ

キャンピングカーで、これからクルマ旅やアウトドアを始めたいと思う貴方に贈るコンテンツです。
■ホーム
■稲垣朝則プロフィール
■オートパッカー公式サイト
■オフィシャル・ブログ
■フェイスブック
■お問い合わせ
OFFICIAL SPONSORE
潟Aネックス
     
 
 

キャンピングカーの、基本の「き」

■キャンピングカーとは…
■8ナンバー車とは…
■キャブコン?バンコン? 
聞けば納得、キャンピングカーの良し悪し
■キャンピングカーの良いところ
■キャンピングカーの困るところ
後悔しない、「キャンピングカー選び」のヒント
■キャンピングカーが欲しいと思う理由
■お勧めは、「育てられる」キャンピングカー
教えて。キャンピングカーの「気になる装備」
■ソーラー発電システム
■換気扇(ルーフベント)
■FFヒーター
■冷蔵庫
■ウォータータンク
■サイドオーニング
■トイレ
 
キャンピングカープラザ アネックス
 
大人の車中泊
 
 
 
 
キャンピングカーは、パソコンに例えればよく分かります。
パソコン選びは、「デスクトップ」にするか「ノート」にするかから始まりますが、それをキャンピングカーに置き換えると、「モーターホーム系」のクルマか「車中泊系」のクルマかの選択にあたる。
というのは、誰にでも容易に想像できると思いますが、肝心なのはそれから先の話です。
 
 
我々世代の大半は、WindowsのOSを搭載した国内大手メーカーのパソコンを使用してきたと思うのですが、パーソナルユーズのほとんどは、いわゆる「オールインワン」と呼ばれるタイプです。
「オールインワン」には基本ソフトがプリインストールされており、専門的な知識を要せずとも、購入後即インターネットが見られるなどの利便性に優れていますが、反面、不必要なバンドルソフトが大量に組み込まれており、やがてはそれがネックとなって、立ち上がりが遅くなったり、ハードディスクの容量が逼迫するなどの弊害に見舞われます。
 
そもそもパソコンで大事なのは以下の3つです。
1.汎用性の高いOS
2情報処理スピードの高いCPU
3..一度に多くのソフトを稼働できるメモリー容量
 
そこに初期投資をしっかりとしておけば、後日どんなソフトを使うことになっても、パソコンが悲鳴を上げることはありません。しかもソフトは必要に応じて「後付け」していけば良いのです。
つまり、一気にお金をかけることができなくても、投資を小分けしていけば、やがては高性能でオンリーワンなパーソナル・コンピューターが完成する日がやってきます。
 
中標津開陽台
 
上の3つをキャンピングカーに置き換えると、1ののOSは市場性、2のCPUは走行性能、そして3のメモリーは、単なる広さではなく実用性に該当します。
 
市場性は、ハイエースとキャラバンを例にとれば分かりやすいと思います。
ハイエースはもっとも多くキャンピングカーやトランポに使われているベース車両で、ベッドキットやウインドウシェードなど、ネット通販市場にはハイエース用に作られたパーツ、アクセサリーが豊富に揃っています。そう、ハイエースがウィンドウズ、キャラバンはアップルです。
 
そしてこの3つを統合すると、やはり理想はハイエースベースのキャンピングカーと結論づけられます。その意味では市場と理論は合致しており、キャンピングカー・ビルダーの目は正しい方向を向いているといえるでしょう。
 
キャンピングカー ソーラーパネル
 
さて。最後はカスタマイズの話です。
筆者が思うキャンピングカーに不可欠な装備とは、以下の3つです。

1.専用ベッドシート

ノーマルなミニバンとのキャンピングカーの最大の違いは就寝機能です。特にバンコンの場合は、ダイネットとのレイアウト変更のしやすさが大事です。

1.サブバッテリー&ソーラー発電システム

サブバッテリーはエンジンを切った車内で、電化製品を使うのに不可欠な装備で、これがないと3で使うFFヒーターや換気扇は動きません。また自宅のコンセントから外部充電できないマンション暮らしの場合は、ソーラー発電の搭載はもはや不可欠と断言できます。

3.ルーフベント&FFヒーター

春夏秋冬を通じて車内で寝るという前提に立てば、ルーフベント(換気扇)とFFヒーターは必需品です。特にルーフベントは車内の淀んだ空気を排気するだけでなく、夏は車外の涼しい空気を吸気できる「冷房機器」としても活用できるスグレモノです。
 
さらに自炊をされる人は、上記に加えて「シンクと冷蔵庫」を最初から備えておきましょう。
なぜなら、配管・配線を伴うこの2つを後付けするのは、大改造に近い作業になるからです。
 
購入時に最低限必要なのは、ここまでです。
サイドオーニングやトイレは必要性を感じた時点で取り付ければいいでしょう。言い換えれば、こういうものがキチンと最初に搭載されたモデルに、デザイン性や後のメンテナンスのしやすさ等を加味すれば、必然的に購入対象車は絞られてくるはずです。
 
【このページのまとめ】
理想のキャンピングカーは、乗りながら育てていくもの
 
Next ⇒ ソーラー発電システム
 
 
お出かけ情報
週末クルマ旅ガイド
 
 
     

 ホーム | プロフィール | オフィシャルブログ | 車中泊データベース | フェイスブック      写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 Copyright(C)2014 稲垣朝則 All Rights Reserved.

   
オートパッカー 車中泊でクルマ旅