京都に残る坂本龍馬ゆかりの地を巡る旅

キャンピングカーで京都に残る坂本龍馬ゆかりの地を巡る旅をガイドします。
■ホーム
■稲垣朝則プロフィール
■オートパッカー公式サイト
■オフィシャル・ブログ
■フェイスブック
■お問い合わせ
OFFICIAL SPONSORE
潟Aネックス
     
 
 
 
淡路島一周
 

■兵庫#01(歴史・自然)

姫路城から竹田城跡と出石を巡る

■兵庫#02(温泉・タウン) 2014.12

有馬温泉&神戸ルミナリエ

■兵庫#03(温泉)

但馬と城崎温泉を巡る旅

■京都#01(歴史) 2014.11

都に残る坂本龍馬の足跡を辿る

■京都#02(紅葉) 2014.11

紅葉の貴船・鞍馬&きぬかけの路を旅する

■東海・北陸#01(雪景色)

白川郷のライトアップを見に行く旅

■甲信越#01(自然)

厳冬のダイヤモンド富士を見に行く旅

■甲信越#02(自然)

厳冬の上高地&奥飛騨温泉郷を訪ねる旅

■奈良#01(桜)

世界遺産・吉野山と明日香村を旅する

■奈良#02(自然)

天川村から大台ケ原を旅する

■滋賀#01(桜)

マキノ高原から奥琵琶湖を巡る

■滋賀#02(紅葉)

湖東に連なる戦国の名城址を辿る

■和歌山#01(紅葉)

紅葉の高野山から龍神温泉へ

■和歌山#02(グルメ・温泉)

白浜名物のクエ鍋と名湯を堪能する

■和歌山#03(歴史・グルメ・温泉)

紀伊勝浦から串本を旅する

■兵庫#03(グルメ・自然)

南淡路と鳴門の渦潮を訪ねる旅

■四国#01(グルメ)

讃岐うどんツアー

■山陰#01(自然)

浦富海岸&鳥取砂丘

■東海#01(文化・グルメ)

松阪&伊勢神宮

■東海#02(文化・温泉)

鵜飼&下呂温泉の旅

 
大人の車中泊
 

【京都のクルマ旅事情】

ハイシーズンに京都市内を旅する最良の方法は「マイカーで移動しないこと」です。
この時期の京都は、観光客目当てのタクシーと県外からやってくる観光バスで、普段は混まない道までクルマ・クルマ・クルマの列… つまり、誘惑にそそられ「乗ったが方が負け」。キャンピングカーはベッドと割り切り、スニーカーにリュック姿で「街中ハイキング」を楽しみましょう。
 
 

【京都に残る坂本龍馬ゆかりの地を巡る旅の概要】

まず、この旅は「貴方が既に坂本龍馬の人生をあらかた知っている」ことが前提です。
以前に小説か漫画で「龍馬が行く」を読んだことがある、あるいは2010年に放送された「龍馬伝」をだいたい見ていたという人なら全く問題はありませんが、「この機会に坂本龍馬のことを知ろう」というのは、限りなく無理に近いと思います。
なぜなら、坂本龍馬ゆかりの地とは「幕末の日本ゆかりの地」で、人物であれば、西郷隆盛から桂小五郎、勝海舟、また時代背景では尊皇攘夷や、会津の京都守護職そして新選組に至る実に幅広い知識のリンクが必要です。とてもにわか仕立てで間に合うものではありません。
言い換えれば、それが分かれば分かるほど、この旅は面白くなります。もし時間があるのなら、大河ドラマの「龍馬伝」をレンタルして、観てから出かけてもでもけして遅くはありません。
★ざっくり紹介。坂本龍馬はこんな人
 
龍馬伝
 
次に、京都で坂本龍馬ゆかりの地を巡るのなら、命日である11月15日を絡めたスケジュールが理想的だといえるでしょう。
毎年その日は、龍馬が眠る霊山護国神社の境内で、慰霊祭にあたる「龍馬祭」が開催され、来場者には高知県人会から龍馬の好物であった軍鶏鍋が振る舞われます。
とはいえ、それが休日に当たる年は限られており、龍馬祭がないからといって「この旅」が色褪せるわけではありません。
 
霊山護国神社 龍馬祭
★霊山護国神社の詳細ページはこちら
 
さて。京都市内に残る坂本龍馬ゆかりの地は、以下の大きく3つのエリアに分けられます。

1.伏見地区

お龍と出会い、薩長同盟締結直後に伏見奉行所の襲撃を受けた定宿の寺田屋ほか

2.木屋町地区

暗殺されるまで、龍馬が暮らしていた地域。酢屋、近江屋ほか

3.東山地区

中岡慎太郎とともに永眠する霊山護国神社、と幕末ミュージアムの霊山歴史館
 
ここでは、それを踏まえた1泊2日のモデル・コースガイドを設定しました。

偶然にも2014年は、11月15日が土曜日にあたるため、出かけやすい日程となります。

 

<京都に残る坂本龍馬ゆかりの地を巡る旅 モデル・コースガイド>

■11月15日(土)
まず、クルマを京都御所西駐車場に停め、タクシーで三条河原町へ
このサイトはキャンピングカーが前提ですので高さ制限のない駐車場を選んでいます。
また御所西駐車場は3時間まで500円、以降1時間毎に100円と、この時期の京都市内では別格に安い料金になります。さらに地下鉄今出川駅まで徒歩10分ほどとアクセスも良好です。
★京都御所西駐車場の詳細ページはこちら
午前中は木屋町界隈を散策

このエリアで建物の中が見学できるところは写真の酢屋だけで、後は石碑を探しながら通りを歩くかたちになります。面倒であれば河原町通りに残る「近江屋跡」と、この酢屋だけを見て早めに昼食をされてもいいでしょう。

★木屋町界隈のマップと詳しい見どころは、このサイトがとても参考になります。
 
酢屋
★酢屋に関する詳細ページはこちら。
徒歩かタクシーで霊山護国神社に参拝し、隣接する霊山歴史館へ
★幕末ミュージアム「霊山歴史館」は勉強になります。⇒ 詳細ページへ 
御所に戻って、クルマでスーパー銭湯「壬生温泉はなの湯」に行き、再び戻って車中泊。近くにはスーパーマーケットもあります。
御所西駐車場には最大料金の設定がありませんので、出入りに気を使う必要はありません。
「壬生温泉はなの湯」はスーパー銭湯で食事も可能ですが、御所西駐車場の入庫時間は午後7時半までですので、それまでに戻る必要があります。
 
■11月16日(日)
朝、時間があれば、「禁門の変」の激戦跡が残る京都御苑の「蛤御門」と、薩長同盟が締結されたとされる「薩摩藩邸跡」(現在の同志社大学今出川キャンパス・西門に石碑と説明看板あり)を散歩がてらに見学されるといいでしょう。
クルマで二条城へ
龍馬は二条城に直接行っていませんが、ここで「大政奉還」が行われました。
★二条城の詳細ページはこちら。
クルマで伏見に移動し、寺田屋を見学
寺田屋
 
★寺田屋の詳細ページはこちら
 
伏見地区における龍馬観光の留意点は、「龍馬から目を逸らさないこと」です。
るるぶやまっぷるなどのガイドブックは、鳥羽伏見の戦いの遺構や、秀吉が最後を迎えた伏見城、あるいは伏見稲荷など、「地域割り」の見どころを盛り込んでいますが、旅行者はロボットではなく生身であって、一度にそんなにあちこちを見て歩くことはできません。
インターネットの良いところは、「今必要な情報だけをセレクトして、編集できる点」にあります。
その意味からすると、伏見ではまず寺田屋、そして興味があれば「薩摩藩伏見屋敷跡」に足を運んでみてください。
 
おそらく二条城に立ち寄ってくれば、寺田屋を見終わる頃には正午を周っているでしょう。
あとは龍馬通りか月桂冠や黄桜の酒造でお土産を見て、「月の蔵人」で昼食を食べれば、十分な満足感と疲労感に満たされると思います。
 
寺田屋界隈の見どころ  
かおり風景100選「伏見の酒蔵」
月桂冠大倉記念館 キザクラカッパカントリー 伏見夢百衆 月の蔵人
 
<キャプションとリンク>

上/かおり風景100選「伏見の酒蔵」

左/月桂冠大倉記念館
左中/キザクラカッパカントリー
中右/伏見夢百衆
右/月の蔵人
 
※伏見界隈の駐車場事情
まず寺田屋には無料の駐車場がありますが、2台分しかありません。
 
寺田屋
 
平日なら少し待てば停められる場合もありますが、前の道はクルマの通行量が多く、長時間は待ってることが難しい状況です。その場合はこの写真方面に100メートルほど進んだ「京橋」の道路向かいに、コインパーキングがあります。また県道115号の「京都大橋総合病院」方面にも、何軒かの平面コインパーキングがあります。
なお、月桂冠大倉記念館にも10台程度が停められる無料駐車場があります。
 
それではどうぞ、「京都に残る坂本龍馬ゆかりの地を巡る旅」をごゆっくりとお楽しみください。
ご案内は以上です。
 
その他の参考ページ
京都を車中泊で旅するための情報ページ(一部、書きかけ中)です。
クルマで旅する京都

日本各地に残る坂本龍馬ゆかり地を旅するための情報ページ(一部、書きかけ中)です。

坂本龍馬
 
Next File ⇒ 京都#02(紅葉) 紅葉の貴船・鞍馬&きぬかけの路を旅する
 
 
 
キャンピングカー情報
 
 
     

 ホーム | プロフィール | オフィシャルブログ | 車中泊データベース | フェイスブック      写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 Copyright(C)2014 稲垣朝則 All Rights Reserved.

   
オートパッカー 車中泊でクルマ旅