姫路城から竹田城跡と出石を車中泊で巡る旅

キャンピングカーで姫路城から竹田城跡、出石を巡る旅をガイドします。
竹田城跡
■ホーム
■稲垣朝則プロフィール
■オートパッカー公式サイト
■オフィシャル・ブログ
■フェイスブック
■お問い合わせ
OFFICIAL SPONSORE
潟Aネックス
     
 
 
 
淡路島一周
 

■兵庫#01(歴史・自然)

姫路城から竹田城跡と出石を巡る

■兵庫#02(温泉・タウン) 2014.12

有馬温泉&神戸ルミナリエ

■兵庫#03(温泉)

但馬と城崎温泉を巡る旅

■京都#01(歴史) 2014.11

都に残る坂本龍馬の足跡を辿る

■京都#02(紅葉) 2014.11

紅葉の貴船・鞍馬&きぬかけの路を旅する

■東海・北陸#01(雪景色)

白川郷のライトアップを見に行く旅

■甲信越#01(自然)

厳冬のダイヤモンド富士を見に行く旅

■甲信越#02(自然)

厳冬の上高地&奥飛騨温泉郷を訪ねる旅

■奈良#01(桜)

世界遺産・吉野山と明日香村を旅する

■奈良#02(自然)

天川村から大台ケ原を旅する

■滋賀#01(桜)

マキノ高原から奥琵琶湖を巡る

■滋賀#02(紅葉)

湖東に連なる戦国の名城址を辿る

■和歌山#01(紅葉)

紅葉の高野山から龍神温泉へ

■和歌山#02(グルメ・温泉)

白浜名物のクエ鍋と名湯を堪能する

■和歌山#03(歴史・グルメ・温泉)

紀伊勝浦から串本を旅する

■兵庫#03(グルメ・自然)

南淡路と鳴門の渦潮を訪ねる旅

■四国#01(グルメ)

讃岐うどんツアー

■山陰#01(自然)

浦富海岸&鳥取砂丘

■東海#01(文化・グルメ)

松阪&伊勢神宮

■東海#02(文化・温泉)

鵜飼&下呂温泉の旅

 
大人の車中泊
 

【姫路城から竹田城跡と出石を車中泊で巡る旅の概要】

土曜日の午前中に姫路城を訊ねたあと、まっすぐ北へ進み、和田山周辺で車中泊。翌朝は竹田城と雲海を眺め、出石でお蕎麦を食べて帰ります。
竹田では「城跡」と「立雲峡」、そして「藤和峠」の3つのコースが選べます。
三ヶ所ともにけっこうな距離を歩くことになりますので、女性はできるだけ歩きやすい靴がお勧めです。竹田城跡の道は舗装されていますが、坂道ですのでヒールの高い靴は疲れます。また早朝の雲海見学は寒い中を歩きますので、軽くて温かいアウターが不可欠です。
 
姫路城

平成の大修理を終え、再び白亜の姿が見えるようになった世界文化遺産「姫路城」の天守閣

 
なお、それぞれの見どころについては、別途詳細ページを用意していますので、詳しくはそちらをご覧ください。ここでは、それに基づく1泊2日のモデル・コースガイドをお届けします。
 

1.姫路城

2.竹田城跡

3.出石

※竹田城跡は冬季(平成26年の場合は、12月11日(水)から平成27年3月19日(水)までの間)、入場が全面禁止になります。
 

<姫路城から竹田城跡と出石を車中泊で巡る旅 モデル・コースガイド>

■初日(土)
午前中に姫路城へ。
 
姫路城の見学は朝9時からです。
広大な姫路城の見学は、場内だけでも空いていて約1時間半、隣接する好古園まで含めると2時間は見ておく必要があります。また世界遺産だけに、曜日にかかわらず多くの団体ツアー客で賑わいますので、開門後できるだけ早い時間に入城されることをお勧めします。
★姫路城の詳細ページはこちら
和田山へ移動

姫路城の見学を終えたら、有料の播但連絡道路もしくは、ほぼ並走する国道312号のいずれかを通り、竹田城のある和田山に向かいます。雲海が見られる晩秋は日没が早く、午後4時を回ると薄暗くなるので、早めに温泉に入って寛がれる方がいいでしょう。

★竹田城跡雲海見学の詳細ページはこちら
★竹田城跡周辺の車中泊事情はこちら
■2日目(日)
竹田城跡または立雲峡へ
 
立雲峡
竹田城跡の「雲海スポット」は3ヶ所あります。前述した竹田城跡雲海見学の詳細ページを参考に、お好きな場所を選んでお出かけください。なお冬季は徒歩でも竹田城跡に登ることはできません。12月11日以降は、立雲峡か藤和峠から「雲海に浮かぶ竹田城跡」を見学することになります。ただし、その時期はスタッドレスタイヤが必要です。
出石へ
近又
 
出石の城下町を散策後、有名な皿そばをご賞味ください。
出石の詳細ページへ
 
 
 
キャンピングカー情報
 
 
     

 ホーム | プロフィール | オフィシャルブログ | 車中泊データベース | フェイスブック      写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 Copyright(C)2014 稲垣朝則 All Rights Reserved.

   
オートパッカー 車中泊でクルマ旅