【キャンピングカーFFヒーター】代わりの物はあるのか?

FFヒーター 暖房
この記事は約4分で読めます。

FFヒーターは万能で能力や安全性経済性に優れています。ですが安い商品でなく価格も工賃入れると20万円を超えてきます。

そんな時代替え出来るものがないか調べてみました。

FFヒーター代替え品の安全性で考察してみました。

室内で使うため燃焼などにより一酸化炭素など発生しては生命の危機になってしまい絶対NGなことです。以下の条件が必衰になってきます。

排気ガスが出ない
一酸化炭素が出ない(一番重要です)
管理がしやすい

排ガスと一酸化炭素は命にかかわるので慎重に選びたいです。

またベンチレーター(換気扇)もできれば必要で常時ゆっくりでも回しておけば外の空気を取り込み排気できるので安全性は増します。

代替えヒーターの燃焼と安全性は?

基本ガソリンなどの燃料系は消防法によりNGなので絶対に使用はできません。仮に室内で使ったとしても排ガスや一酸化炭素が多く発生するのでNGです。

軽油式

海外製で軽油などのポータプル式FFヒーターが出ていますが狭い室内で使うのは危険です。ただ換気の出来る環境と広い部屋であれば可能だと思います。

ポータプルFFヒーター

またその様な本体でも外に出して使い排気と燃焼は外で温風のみ室内に取り込めれば、一酸化炭素発生がないので使用は可能だと思います。

カセットガス式

カセットガス

カセットガスは室内で使われることが多く軽くてコンパクト、カセットガスもコンビニなどどこでも入手でき安全性が高いです。もちのんガスを燃焼しますもで締め切った室内だと一酸化炭素は発生しますが軽油などのFFヒーターよりは安全です。

キャンピングカー内だと換気扇で寒くならない程度に少し回すか、運転席あたりの窓を少し開けておくかで対応できます。どちらにしても空気の入れ替えは必要です。

一酸化炭素警報機

 

安全のため一酸化炭素警報機などを用意しておき併用することをお勧めします。

Amazonや楽天に2000円前後であります。

一酸化炭素チェッカー

FFヒータに代わるカセットガス式ファンヒータ

CB-GFH-2

カセットガスファンヒーター

カセットガス

世界最高レベルの品質カセットガスのイワタニ製の商品のなかでCB-GFH-2の商品はファン構造を持っており能力も2.0kwもあり重量も5kg以下で軽くファンもガスで発電して回すので100Vなどの動力を必要としないので画期的な商品です。

カタログ値で見ると一本のガスで1.5時間から2時間くらいが目安ですが、消費量が気になる場合は本体も安価なCB-STVーDKDか、さらにガスの消費量が少ないCB-STV-MYDが3時間以上持つので選択肢が広がります。

ちなみにベバストヒーター(FFヒーター) AT2000の暖房能力は0.9〜2.0kWですのでカセットガスファンヒーターの能力が同等で代替え可能かがわかります。

FFヒータの代わりセラミックファンヒーター

私の場合FFヒーターも使用していますが、音が気になるような場面ではセラミックファンヒーターも使用します。一般的に消費電力500Wから1200Wとバッテリー消費は多いですが短い時間で使用する分にはバッテリー消費的に問題ないです。

使うメリットとして換気を気にすることなく手軽に暖房でき、ファンがついているため温風ヒーターのような暖かさがあります。

また価格も安くネットや量販店でも3000円前後から購入でき、コストパフォーマンスは良いと思います。

デメリットとしてバッテリー消費が多いため、従来の鉛バッテリーでは難しいかもしれません

私の場合はリン酸鉄リチウムイオンバッテリー200Ahで使っているため、安定して使用できますが、そうでない場合は同等のバッテリーを搭載した大容量のポーダブルバッテリーは必要かと思います。

セラミックヒーターを使う場合、バッテリー問題をクリアーすれば十分寒い冬にも対応できると思います。

もちろんインバーターも1000W以上は必要になります。

参考までにリン酸鉄バッテリー200Ah100%の場合500W運転で約4h運転

800W運転で2.5h位が実稼働時間になります。

数値から見るように長時間使用に向かないことがわかります。

セラミックファンヒータを選ぶ場合風量が多い商品を選ぶのがポイントになります。

こちらのヒーター今まで5台ほど試しましたが一番風量が強く車内の温まりが早かったです。

価格も安くリサイクルショップにもシーズオフには格安で売ってますのでおすすめです。

関連記事 ↓

キャンピングカーの重要アイテム!FFヒーターの実力とは!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました