キャンピングカーのFFヒーターはキャンプ場 ではうるさく感じるのか?

FFヒーター 暖房
この記事は約3分で読めます。

FFヒータは燃焼して排気するため構造上音は出ます。ただうるさくて周りに迷惑をかけるほどの音は感じませんがキャンピングカーの隣にテントを立てた方が就寝などしている場合は、気になるかもしれません

私の実際取り付けてあるFFヒータースタート時の音を聞いていただき判断の一つとしていただければ幸いです。

FFヒーターの外部と内部の音比較

音声作成中

 

FFヒーターの排気はマフラーに穴を明け併用しているの場合が多いです。車種により音の違いはありますが、今回はベース車日産バネットNV200で見てみます。

内部に関してはファンの音で燃焼後の排気は直接マフラーに繋がっているためサイレンサーの役目をしながら排気されます。

構造のおさらいFFヒーター

 

音の出る場所として室内に送られる燃焼空気送風ファンと燃焼後の排気空気が主な音の出る場所になっています。室内では排気の音は気になりませんが外ではやや音はするのは確かです。

静かな住宅街でも寒い日は家の窓を閉めていますし住宅自体もある程度防音効果があるので、気にするレベルではないと思います。今まで住宅街の駐車場に車を止めてFFヒーターを何回も使いましたが苦情やそのような目もありませんでした。

ただキャンプ場で車の近くでテントを利用する方がいる場合はテント自体が防音しないので、聞こえて迷惑がかかると思ってよいでしょう。

念ためお隣さんのテントの様子をみて就寝時はFFヒーターを止めてそれ以外の時は使用すればトラブルや気にはならないとおもいます。

マナーや相手のことを思いやる気持ちでFFヒーターを使えばよいことです。

 

騒音対策としてキャンプ場に聞いてみる

キャンピングカーでキャンプ場を利用する場合、事前に問い合わせして施設状況を聞いておくのも良いでしょう!

テントの場所が車と離れた場所にあるかどうか?RVパークのように車両専用の場所があるのかどうか?

などなど事前にしらべておけば音を気にしなくてFFヒーターを使用出来ると思います。

セラミックヒーターを使用

長時間使用には不向きですがセラミックヒーターも温風を出すため使えます。

私が使用しているタイプは800Wと400Wの2段切り替えができ、インバーターやサブバッテリーの条件が揃えば十分に温かく使用できます。

サブバッテリーも鉛タイプでなくリチウムイオンバッテリーであれば安定して動作できます。

私が使っているバッテリーで200Ahの容量で800Wで2時間から3時間使用でき

400Wで4時間から5時間使用できます。

意外と暖まるのに時間がかからなく、キャンプ場などでFFヒーターの音が気になるようであれば、音も出なく換気もいらないセラミックヒーターは重宝します。

寒い冬にFFヒーターとセラミックヒーター同時に使うと爆速で車内が暖まるのでお勧めします。

まとめ

FFヒータの音は取り付け施工にも多少左右されると思いますが、ものすごくうるさい程はなく最初の最大燃焼時だけで部屋が温まれば燃焼出力とファンの回転も落ち、静かになります。私的には外の音より室内のファンのが少し気になるようにも感じます。

年間通して使うシーンで考えると音に関しては気にしなくて良いと思います。

関連記事 ↓
キャンピングカーの重要アイテム!FFヒーターの実力とは!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました